大人でも学ぶところ多し、一条ゆかりの「プライド」

一条ゆかり先生の仕事観がふんだんに盛り込まれた「プライド」という漫画は、オペラ歌手を目指す2人の音大生の競争と成長を軸にしたストーリーです。この漫画は大人になってから出会ったのですが、これは子供のころに読んでいたらいまいち理解できないような完全に大人向けの漫画だと思われます。プロになるとはどういうことか、プロとしての自意識・プライド、プロの世界での競争とはどういう意味なのか、プロであり続けるにはどうしなければいけないのか、そういったことが所々に出てきます。これが音楽の世界だけの話ではなく、どの仕事を選んだとしても必要と思える共通のプロ意識がどういうものなのかが、登場人物たちがぶち当たるシチュエーションの中で描かれるのです。今風に言えば毒親持ちで貧乏育ちの貪欲な萌と、お嬢様育ちだけど急にお金のない生活に放り込まれた史緒、この対照的な2人に加えてバランスの良い蘭が調整役のように存在し、3人でプロの世界に入って突き進んでゆく姿から学び取れることがたくさんあります。親に振り回されながらたくましく育ってきたゆえにガッツはあるけども、基本的に愛情に飢えていて自信がないために人と比べることでしか自分の幸せがわからない萌は、プライドや人情など捨ててでも人より上に行こうとする向上心が強い。それに対して、恵まれすぎていたため人に興味がなく無意識に傲慢な振る舞いをしてきたけども、急にお金の不安と向き合わなければならなくなり自分の弱さを知る中で、それでもプライドは守りつつ自分を高めていく努力の中で人との関わりも大事だと学ぶ史緒。自分の醜さを直視することが怖くて史緒に当たり散らすことしかできない萌が最終的に史緒と和解して素直になれるシーンは、本当の幸せってこういうことなのだな、と思えます。たくましく生き抜いてきた萌はプロ意識は強かったけれども、人と比較しなければ幸せを感じられなかった、それが自分自身の幸せというものを見つけていくまでの周りからの助言の数々は、私たちがガツガツと目の前のことに必死になっているときなどに普通にハッとさせられます。史緒は反対に自分に誇りを持った生き方をしてこれたけれども、お嬢様育ちゆえの甘さに対して容赦なく浴びせられる言葉がたくさん登場します。これが本当に「プロとは?」に対する普遍的な答えなのです。もちろん一条ゆかり先生ご自身の仕事観が色濃く反映されているとは思いますが、プロを名乗るにはこういった覚悟が必要なのだ、ということを明文化したらこうなるだろうと思える言葉ばかりなのです。プロ意識とは何か、と思ったときに読み返すべきバイブルだと思っています。
レッグミラクルでの効果とは?

視力回復を夢みて

小学校1年生の時からメガネをかけていて、裸眼で生活出来ないほど視力が低下しています。今から30年くらい前は、まだ薄型レンズとかはなく牛乳瓶の底と言われるようなメガネをかけていました。学校のプールではメガネを外すので何となくしか見えていなくて、誰の顔もはっきりわからなく苦労しました。成長期は視力が悪くなるスピードが早いので最近では、なるべく早くに視力が進まないようにする点眼薬が出ています。毎月医師からの処方が必要で検査は3か月に1度受けなくてはいけません。娘がその点眼薬で現在治療中です。私と同じく近視がひどいようなので試しているのですが、大人になるまでの長期間続ける予定なのでこれからどうなっていくのかという状況です。
私は高校生からコンタクトを使い始めました。世の中が180度変わりました。中学の同級生たちは、駅で私とすれ違っても誰も気が付かないほどでした。内向的な性格も活発になっていき、いろんな事に挑戦していきました。コンタクトのおかげで人生楽しくなっていきました。しっかり毎日コンタクトの手入れをしていたので、目のトラブルはなく過ごしていたのですが、着けている時間が長いほど疲れやすくなっていきました。
そして、30代に入り裸眼で過ごせる生活をしてみたいと強く感じるようになり、レーシックに挑戦してみようと眼科を訪れました。レーシックの手術が可能かいろいろ検査をしました。そうしたら、視力が悪すぎて出来ないという結果でした。その他の検査は、すべてクリアだったのに悲しかったです。
レーシック以外にも、就寝時に凹凸のコンタクトを装着して視力を回復させる技術があるのですが、高額で限られたクリニックだけなので、まだそちらは挑戦出来ていません。これから先もっともっと医学が進み、私でも裸眼で見えるようになる日が来ることを楽しみにしています。